引っ越しの手続き

快適なスタートを切るための引っ越し前後のいろいろな手続き

快適なスタートを切るための引っ越し前後のいろいろな手続き

引っ越し 手続き

引越しは、これまでの住まいの荷物を転居先に運び込むことだけではありません。電話の移設や新設があれば、その手続きも必要になりますし、引っ越した先でガスや水道を使用する場合には、使用開始の手続きをしなければなりません。

 

こちらでは引っ越し前後の手続きをタイムスケジュールで紹介したいと思いますので、照らし合わせて確認してみてください。

 

2〜1週間前にしておくこと

 

《電話の移転・新設》

 

電話の移転は「116」番へ連絡する。現住所、新住所、現在の電話番号、工事の希望日を伝える。工事費は2000円〜。

 

電話の新設工事は、予約制になっている。受け付けは1ヵ月前からになっている。住所を証明する書類をNTTへ提出する。

 

《住民票の移動》

 

区市町村役場へ転出届を提出する。ここで転出証明書をもらうこと。転出届は引越し予定日の14日前から受け付けをしている。転出証明書は転入届を出すときに同時に提出するので、大事に保管をしておく。

 

《各種変更届け》

 

郵便局に転居届を提出すると提出以降1年間郵便物を転送してくれるからとても便利。国民健康保険・国民年金加入者は、必ず元々住んでいた国民健康保険課や、国民年全課にも転居届を提出すること。

 

《粗大ゴミを捨てる》

 

以前より賃貸住宅にてひとり暮らしをしている人で、使わない家財道具をゴミに出したい場合は、地域の回収センターヘ連絡して、収集の予約をする。

 

連絡してから回収にきてくれるまで1週間以上もかかることもあるので、早めに手配することをおすすめする。

 

1〜3日前〜そろそろ荷造りも始めよう!

 

《ガス会社への連絡》

 

新しい住所での供給開始日を各ガス会社に連絡しておく。以前から賃貸の住まいでひとり暮らしをしている人は、旧住所のガス会社へ供給停止日も連絡すること。

 

供給開始には立ち会いが必要となるので、約束はしっかり決めておくことが必要。

 

《電気・水道会社に連絡》

 

元々ひとり暮らしをしている人は、旧営業所において使用料の清算を済ませ、転居先の営業所には使用開始できるように申込書を郵送する。

 

《新聞販売店・NHKに連絡》

 

新聞をとっている人は、停止の手配と料金の精算をする必要がある。また、NHKに電話連絡をして、移転することをお話し、転居先を連絡する。

 

当日

 

《出発前(以前から賃貸で暮らしている方)》

 

・水道の元栓を閉める

 

・電気のブレーカーを下ろす

 

・忘れ物がないかチェック

 

《到着後》

 

・ブレーカーのつまみを上げて、電気使用申込書を電力会社へ郵送する

 

・近隣へのあいさつ

 

あいさつ先はアパートやマンションであれば、両隣と上下の階、管理人や大家さん。ささやかな手みやげ(500〜1000円程度の品)を持って行くのが一般的。

 

ただし地域にもよるので、下調べしておくとよい。

 

引っ越し後

 

《転入届を提出》

 

引越し後14日以内に、印鑑を持って、新しい住所の市区町村役場へ転入届を提出する。そのとき、引越し前にもらった転出証明書も必ず持参すること。

 

《各種住所変更》

 

銀行、保険会社、クレジットカード会社、インターネットプロバイダなど。

 

《運転免許証の住所変更》

 

新居住所の所轄の警察署で手続きをする。免許証と住民票、県外から引越してきた場合は、証明写真(3pX2.4p。無帽無背景)も必要。

 

更新日まで、または更新日後1ヵ月以内の場合は、更新手続きもできる。

 

《あいさつ状を発送》

 

友人や親戚などに、引越し先をはがきで知らせる。

 

《各種申し込み》

 

新聞を定期的に読む場合は販売店へ連絡をする。またNHKにも連絡をして、受信の申し込みをしておくこと。