キッチンの掃除法

食器をを扱う場所だから清潔にしておきたいキッチン掃除法

食器をを扱う場所だから清潔にしておきたいキッチン掃除法

キッチン 掃除

掃除の手順は@にガスレンジAに水栓金具、B番めに排水口、最後にシンクを掃除しましょう。

 

そして、キッチンまわりは使用したらとにかくすぐに拭く、これが基本です。 

 

油汚れや水あかなどをためこまないように、使ったらすぐ拭き取ることがキレイに保つコツです。

 

時間がたてばたつほど頑固にこびりついてしまいます。また、食器洗いで残った洗剤で、ついでに排水口や三角コーナー、洗いおけ、ジンクの内側も、ざっと洗って、汚れを落としておきましょう。

 

ガスレンジとその周囲の掃除

 

●ガスレンジ

 

五徳と受け皿は、重そうで頑固な油汚れを撃退しましょう。アルカリ性なので、油汚れに効果抜群です。

 

五徳と受け皿をはずし、汚れ部分に重そうをかけ、少し時間をおいてから、古い歯ブラシでこすります。それでも落ちない場合は、一度重そう溶液につけ置きしましょう。

 

●ガス台

 

液体せっけんと酢で簡単に掃除ができます。 洗剤というと合成洗剤を思い浮かべがちですが、液体石けんもおすすめです。しつこい油汚れもきれいに落ちます。

 

さらに酢水をかけることで泡が分解されるので、あとはペーパーで拭き取るだけでOK。天然素材だから、肌にやさしいのも魅力的です。

 

シンクの周辺とシンクをキレイにする

 

●水栓金具         

 

古い歯ブラシと練り歯磨きでピカピカになります。 歯ブラシに練り歯磨きをつけて、水あかがたまっている蛇口のつけ根や、裏側を丁寧にこすります。

 

しつこい汚れには、小麦粉を研磨剤代わりに使ってみてください。そのあと水拭きし、乾いたタオルを巻きつけて磨くと、新品のような輝きが出ます。

 

軽い汚れならメガネ拭きなどと同じ極細繊維のクロスで磨くだけでもきれいになります。ハンドソープをかけて、スポンジでこすってから、クロスで磨くとひどい汚れにも対応できます。

 

●三角コーナー

 

三角コーナーのヌルヌルの原因は、湿気と食べかすによるカビや雑菌です。長い間放っておくと悪臭も引き起こすので、早めに掃除する必要があります。

 

まずスーパーでお買い物した際に使用するビニール袋に水を入れ、台所用漂白剤を加えて(量はパッケージの表示に従う)。

 

中に三角コーナーを入れて、30分ほどで取り出します。その後、水洗いすれば、きれいになります。

 

排水口のニオイは、お酢を吹きかけるといいでしょう。 イヤなニオイのもとになっている雑菌は、お酢のもつ殺菌効果で撃退することが可能です。

 

お酢の主成分である酢酸には、洗浄力だけでなく殺菌力もあり、吹きかけてみるだけでも、さまざまな場所でパワーを発揮してくれます。

 

しかも天然素材だから、吹きかけたあと水洗いする手間もありませんので、お手軽です。

 

●シンク

 

水あかは、レモン果汁で磨くのがおすすめです。シンクのまわりの白い水あかの原因は、水道水の残留塩素になります。

 

これにはレモンのクエン酸が効果絶大。水あかを分解するので、レモンの切り口でほんのひと拭きすれば驚くほどキレイに落ちるんです。

 

サビには、洗濯用の還元型漂白剤が効果的です。 サビは「還元」されることで水に溶けます。

 

約60℃のお湯で洗濯用の還元型漂白剤をペースト状に溶かし、サビに塗りつけて30分くらい放置します。長くおきすぎると、シンクを傷めるので注意してください。

 

そのあと歯ブラシや、柔らかいスポンジでこすると、サビが消えていくから不思議です。

 

キッチン家電もピカピカにしましょう

 

●電子レンジのニオイ

 

レモンの皮を加熱するだけで落とすことができます。電子レンジにレモンの皮を入れて1分加熱すると、さわやかなレモンの香りが広がり、いやなニオイが消えます。

 

汚れには、ぬれぶきんを入れて30秒加熱。蒸気で汚れをゆるめてから布で拭けばピカピカになります。

 

●冷蔵庫の汚れ

 

台所用洗剤で拭きましょう。 まずは、電源を切って中のものを出します。しつこい汚れは、お湯でうすめた台所用洗剤を布にしみ込ませて拭き、そのあともう一度水拭きします。

 

冷蔵庫下の蒸発皿も、たまには掃除しましょう。冷凍庫の霜は、熱湯の蒸気で溶かすといいでしょう。 厚さ5m以上になる前に霜とりをしたいものです。

 

電源を切って中のものを出し、熱湯を入れたボウルを庫内へ入れます。霜がゆるんだら割り箸などでとり、乾いた布で拭きます。