一人暮らしの地震対策

少しでも難をさけるためにできる一人暮らしの地震対策

少しでも難をさけるためにできる一人暮らしの地震対策

一人暮らし 地震対策

実家にいたころはほとんど意識しなかった地震や火事や台風などの災害。それにも、一人暮らしの場合は自分で対処しなければなりません。    

 

身の安全を守って、被害を最小限におさえるためには、いったいどうしたらいいのでしょう。           

 

いざというときに慌てないように、ここでは地震が起きる前、起きてしまった時の対処法についておさらいしてみましょう。

 

地震が起きたら最初に実施すること

 

●火を消す 

 

火をつけているときに地震だと感じたら、火災を防ぐためにすばやく火を消しておきましょう。ただし 大きな揺れの場合は、やけどの危険があります。

 

大きな揺れはたいてい1分程度で収まるので、そのあとでも間に合う場合がほとんどです。

 

天井に火がまわらない程度であれば、消火器などを使用して自分で消すことができます。  

 

●ドアや窓を開けて逃げる道を確保 

 

地震の後に建物が少しずつ傾いてゆがんでしまい、ドアや窓が聞かなくなることもあります。できるだけ早く、逃げ出す方向のドアや窓を開け、逃げ道を確保しておきましょう。

 

また、ふだんから、玄関まわりをしっかりと整頓し、いざというときに逃げやすいようにしておくといいでしょう。

 

●自分の身を守る 

 

あわてて外に飛び出さず、机やテーブルの下にもぐり、クッションなどで頭を覆います。手で防護する場合は、少し頭から浮かせてクッションになる部分をつくるようにしましょう。

 

転倒してくる家具や落下してくる照明など、家の中には、地震の際に凶器となりうるものがいくつもあることを留意しておく必要があります。

 

避難をするときの注意点

  

 

●まずガスの元栓を閉めて電気のブレーカーを落とす 

 

ガスの供給は地震で自動で止まるものの、元栓との間の残ガスが地震の衝撃や落下物でもれたり、電気のスイッチが入って過熱・ショートする可能性もあります。

 

●一時避難場所へ向かう 

 

一時避難場所は、身近な公園や学校などが指定されています。

 

市などが指定する広域避難場所はマイホームから距離がある可能性もあるので、こちらは「一時避難場所で様子を見たあとに、必要があれば避難するところ」と考えればよいでしょう。

 

●歩いて逃げるのが原則です 

 

避難する際は歩きが原則。エレベーターも使ってはいけません。ブロック塀や門柱、自動販売機などの高さがあって倒れやすいもの、看板などの落下物にも注意が必要です。

 

突然の地震のために備えをしよう

 

●食料を備蓄してお

 

【水】

 

人間が1日に最低必要とする水は3リットルといわれています。いつも家にはペットボトル3本ぐらいの水は備蓄しておいてください。

 

水の代用となる、お茶や清涼飲料水でもOKです。

 

【レトルト食品】

 

温めることができればすぐに食べられるので非常に便利です。 シチューなど野菜の入っているものを。

 

【缶詰】

 

魚や野菜、乾パンなど、手軽に食べられるので便利です。最近はパンの缶詰もあります。

 

【乾燥した食べ物】

 

クッキーやせんべい、ポテトチップスなど、消費期限の長い乾燥したお菓子が最適です。

 

●家具が転倒しないようにする 

 

阪神・淡路大震災では、家具の下敷きになった人が大勢いました。大型家具や棚は、転倒防止グッズを使って固定をしておきたいものです。

 

また、家具のレイアウトにも注意が必要です。家具が眠っている場所に向かって倒れたり、逃げ道をふさいでしまう可能性がある場合には、改善しておきましょう。

 

重いものや大きなものが高い位置にある場合は、床に近い場所に置き替えます。

 

●食器棚の扉に鍵をつけておく 

 

扉のついている食器棚なら、鍵をつけるなどの工夫をしましょう。また、オープンタイプの棚は、食器を箱やかごに入れ、入れものごと棚にテープでとめておきます。  

 

●スチールシェルフの上段には重いものを置かない

 

扉のついていないスチールシェルフは、地震が起きると中身が滑り落ちてくることもあります。

 

ベッドの近くには絶対置かない、重いものは下に置く、箱やかごに入れて棚に収納するなどの工夫をしておきましょう。

 

●玄関に背の高い家具は置かない 

 

玄関やその近くに背の高い家具を置いてしまうと、揺れで倒れて、逃げ道がふさがれてしまいます。避難ができなくなっては困ります。

 

また、靴箱などの扉が揺れで開いてしまい中身が外に放り出され、逃げ道をふさぐこともあるので、固定しておきましょう。  

 

●ベランダの植木鉢が落ちない工夫も 

 

ベランダでガーデニングをしている人は、鉢が落ちて階下の人や通行人に被害を及ぼしてしまうことも。スノコなどを使用して、柵の間から鉢が落下しないような工夫が必要です。