バスルームとトイレの掃除

しつこい汚れになる前にキレイにしたいバスルームとトイレ

しつこい汚れになる前にキレイにしたいバスルームとトイレ

バスルーム トイレ 掃除

バスルームの床には、掃除をする際の水が常に流れるので最後に行うのがおすすめです。

 

掃除の面積の広い浴槽からスタートしてシャワーやホースなどの細かい部分へと掃除していきましょう。

 

湯あかは時間がたつと落ちにくくなるので、使用後、お湯を抜きながら浴槽を掃除しておくことがマル。

 

また、ふだんからカビを防止するために、換気はしっかりしておきましょう。

 

トイレは、使用するごとにブラシでパッと軽く磨いておくと、常時きれいに使えます。

 

バスルームの掃除法

 

軽い汚れはスプレータイプのバス用洗剤を吹きかけて、スポンジでこすり落とします。最後に水で洗い流せばさっぱりきれいになります。

 

●浴槽

 

バス用洗剤を使っても落とすことのできないしつこい汚れには、研磨剤の入った浴室用の微粒子クレンザーが役に立ちます。

 

洗剤の使い方に注意しましょう。使い方を間違えてしまうと化学反応を起こし、有害ガスが発生することもあります。

 

特に塩素系洗浄剤や漂白剤と、酸性タイプの洗浄剤を同時に、または続けて使うと危険です。必ず取り扱い上の注意を守りましょう。

 

●バス用品

 

ゴム手袋の上から軍手をはめて、洗剤を吹きかけます。これで拭けば、ブラシの柄などの細かい部分も、指先でしっかり磨けてきれいになります。

 

さらに、歯ブラシと歯磨き粉を使ってみるのもおススメです。

 

●床       

 

床のすみっこや排水口など、細かい部分の汚れは、古い歯ブラシに練り歯磨きをつけてこすり落とすときれいになります。

 

トイレや洗面所は他人も見るところ!汚れをためないで!

   

 

●トイレ掃除の基本と裏ワザ

 

頑固な汚れは、トイレ用洗剤か、目の細かい耐水性のサンドペーパーで円を描くようにこするとキレイになります。

 

酸性のレモン果汁や酢には、洗浄の効果と殺菌する効果があるので、トイレ汚れの元凶であるアンモニアを分解してくれます。

 

便器に吹きかけて磨けば、充分汚れを落とすことができるので、トイレ用洗剤を切らしたときには、これで代用することができます。

 

●洗面所をキレイにするコツ

 

洗面所を清潔な状態に保つためには、ながら掃除がおすすめです。

 

歯を磨きながら片手でこすればいつもピカピカの洗面所にしておくことができます。

 

水けをそのままにしてしまうと水あかになるので、洗面台を使うたびに拭き取りましよう。

 

軽い汚れのうちは、レモンの切り口で磨いたり、ジャガイモの切れはしでこすって、水拭きとから拭きをしても効果的です。

 

日常掃除をラクにするために汚れ防止をしておこう

 

●新聞紙でカビやダニを予防

 

流しの下や押入れなど、湿気がこもりそうな場所には、あらかじめ新聞紙を敷いておきましょう。

 

湿気を防ぐということは、カビやダニを発生させないための基本になります。 

 

●包装紙を敷いて汚れを防止する

 

掃除のたぴに食器を出して棚を拭いていると時間ばかりかかってしまいます。

 

包装紙やペーパータオルなどを敷いておけば、汚れてもシートを取り替えるだけなので簡単です。専用のシートも販売されているので、汚れ防止のために活用してみてください。

 

●新聞紙を敷いて水もれ防止

 

生ゴミを捨てるキッチン用のゴミ箱の底には、新聞紙を敷いておくと、生ゴミから水分がもれても安心です。

 

ゴミを捨てるときに一緒に捨ててしまえば、ゴミ箱をいつもキレイに保つことができます。

 

●アルミ箔で油汚れ防止  

 

換気扇の縁や、コンロはどうしても油汚れがたまってしまいます。

 

油汚れは時間がたつと、落ちにくくなるので、事前にアルミ箔などでガードしておくと交換するだけで済むのでお掃除が楽になります。